「日本語の文章術」まとめ その5

 絶版本要約も、いつのまにやら5回目です。今回は、第7章 正確な文章を書く、第8章 文章上達への心得、についてです。

日本語の文章術―文章の書き方百科 小論文からビジネス文まで 日本語の文章術―文章の書き方百科 小論文からビジネス文まで
奥秋 義信

創拓社
売り上げランキング : 1054988

Amazonで詳しく見る by AZlink


語順の原則

 今回の内容では、日本語の語順や文末についての解説が非常に丁寧に成されていました。まず、その言語の特性を説明し、次に、その使い方を説明するという方法は、理にかなっていると思います。

 日本語の特質は、締めの言葉が最後にくることはすでに述べました。最後にくる言葉が、文脈を決定するのです。つまり文脈の“的”はここにあるようなものではないでしょうか。・・・
 構文の上から大切な語順の原則を述べると次のようになります。
 「長く・重い語句を先に、短く・軽い語句を後に配置せよ」

 さらに、複雑な状況の中で、色々なルールにどう折り合いをつけていけば良いのかが詳しく解説されていきます。

主語と述語は近づける

 文が複雑になればなるほど、主語と述語とが引き離されるのはなぜでしょうか。文意を決定する述語に対する修飾語句が増え続け、増え続けた修飾語句が述語の前、つまり主語と述語の間に割り込むからにほかなりません。
 主語と述語が遠く引き離された文形で書かれた文章を読まされるのは苦痛です。決定の言葉(述語)が出てくるまで、文意未決のまま、読み手の意識は主語にしがみついていなければなりません。主語にしがみついていられる読み手はよほどしっかりした人で、普通は主語の意識が薄れてしまいます。・・・仮に脈絡をつかめても、読み手の疲労感は大きいでしょう。

 ぼくもこの手の文章を読むのは非常に苦手です。主語への意識を持ち続けることを努力して、それ以外の内容が頭に入ってこないという読者としての経験をしたことがあります。

 文章というと、一般に<主語から書き始める>という思い込みがあります。常識といってもいいでしょう。この“常識”を思い切って破ってみましょう。
 主語と述語の間に割り込む語句が長ければ長いほど、この方法は有効です。

 考えてみれば、主語と述語を近付ける原則と、修飾語と被修飾語を近付ける原則とは矛盾する関係にあります。文の構造が複雑になればなるほど、この関係は顕著になってくるのです。
 では、どうすれば解決するでしょうか。「間接的で長い修飾語句を先に、直接的で短い修飾語句を後に」という原点、“語順の原則”に変えればよいのです。例外はありますが、大概のケースは語順の原則が解決してくれるでしょう。・・・
 主語と述語を近付ける原則と、修飾語と被修飾語を近付ける原則とが矛盾する場合には、修飾語の原則を優先してください。

 文章術についての本では、色々な方法が紹介されますが、それぞれが矛盾した時にどう折り合いをつければよいかに言及してくれるものは少ないです。

連体修飾の重層構造を避ける

まずは、シンプルに書くことが大切です。

 「主語+述語」の単純な組み立てと、「一語一修飾」つまり一つの語句には一つの修飾語という心構えの大切さ・・・

ここでは、『これからの世界と日本』という文と、『これからの、世界と日本』という文が比較され以下のように解説されています。

読点の原則として、<後続の語を飛び越えて先の語を修飾する>場合と、<後続の語群をグループとして修飾する>場合とでは、読点の打ち方が同じになります。いずれの場合も「修飾する語の後に打つ」という読点の作法が働きます。

これは、すぐにでも使えるテクニックですね。

文末の重みを知る

 何も考えずにとりあえず書き始めるということの多いボクには、耳の痛い指摘がいくつもありました。

 日本語の特色を生かすためには、どのような心構えでペンを執ったらよいでしょうか。最初の一行を書き出す段階で最後の一行を念頭に置け、ということなのです。・・・
 決定の語句が最後にくるという性質の文章では、途中の語句や文は、締めくくりの部分を支える役割を持ちます。最後にきて文意が逆転してしまいますと、そこまでの“支え”が宙に浮いてしまい、読み手は「あれ?」と思うのです。お笑いとか言葉遊びとか、特別な目的でもない限り、読者を裏切るような書き方をすべきではありません。

他にも、この章には、副詞の陳述性を生かして文章の展開を読者に知らせる方法など、技術的な部分もたくさん盛り込まれています。

文章に書き慣れよう

文章を書く心得として、宇野千代の文章が引用されます。

毎日書くのだ。(中略)書けるときに書き、書けないときに休むと言ふのではない。書けないと思ふときにも、机の前に坐るのだ。すると、ついさっきまで、今日は一文字も書けない、と思った筈なのに、ほんの少し、行く手が見えるやうな気がするから不思議である。書くことが大切なのではない。机の前に坐ることが大切なのだ。机の前に坐ってペンを握り、さァ書く、と言う姿勢をとることが大切なのである。自分をだますことだ。自分は書ける、と思ふことだ。

文章に限らず、仕事や極めたい物事全てに適用できる心構えだと思います。継続する必要性、向き合ってみた時に体験できる視点の変化など。これからのブログライフでもしっかり経験していきたいものです。

関連エントリ

「日本語の文章術」まとめ その1
「日本語の文章術」まとめ その2
「日本語の文章術」まとめ その3
「日本語の文章術」まとめ その4
「日本語の文章術」まとめ その6

このエントリーをはてなブックマークに追加