「フォントの不思議」はとっても良書だった

あのヒラギノ明朝をデザインした書体デザイナー小林 章(こばやし あきら)。この「フォントの不思議」の中では、彼がブランドロゴや自身で撮った写真を中心に色々なフォントとその魅力を紹介していきます。



現在使用されているフォントのルーツ。建造物や銅板印刷などの特徴からフォントが形作られている例示など、かなり専門的な内容がある一方で、「フォント選びは見た目で十分」と、やわらかいフォントとの接し方を教えてくれます。書籍だけでなく、いくつかブログも運営されています。

小林章のドイツ日記2 小林章のドイツ日記2

デザインの現場 小林章の「タイプディレクターの眼」 デザインの現場 小林章の「タイプディレクターの眼」

私は英語のフォントの違いなど分からないですが、彼の作ったClifford(クリフォード)やLuna (ルナ)というフォントはとっても美しくて現在購入を検討中です。

FF Clifford™ – Webfont & Desktop font « MyFonts FF Clifford™ - Webfont & Desktop font « MyFonts

ITC Luna™ – Webfont & Desktop font « MyFonts ITC Luna™ - Webfont & Desktop font « MyFonts

フォントに興味はあるけれど、小難しい本は読みたくないという方(もしろ小難しいものを読みたい人にも)へとても良い一冊だと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加