死が僕らの前にふたたび現れる

これは批判的な話しでも、悲しい話でもなくて。

おそらくネットで情報発信をすることが一般的な世代は、控えめに見ても上が50代前後じゃないかな?と思う。それよりも上の世代になってしまうと、情報発信する人も少なくはないだろうが、全体数から見ると割合は低い。

今の50代未満の生活というのは、だいぶウェブの中に出揃ってきていて、僕らも容易に眺めることができる。生活が可視化されてきたといっても良いだろう。

これから何が起こるか?

それは、ハイテクな話しではなくて情報発信者が老い、衰え、身体を病み、呆けてしまったり、何も分からなくなってしまったりして、介護されたりする様、そして死んでいく様が一人称で可視化される。

僕らの前に死が再び現れる

日本も経済大国になり、核家族化に伴って老いた家族と一緒に生活することが減ることにより、僕らは死を目にする機会が激減した。

ネットを歩き、死をポケットに入れて – 凹レンズ 〜まとまりのない日記〜 ネットを歩き、死をポケットに入れて - 凹レンズ 〜まとまりのない日記〜

これまでも、事故死や病死、第三者視点での介護、認知症に関するレポートは数多く存在してきたし、目にする機会もあった。けれど、これからは全くことなった時代に入る。

主観として「自分が自分であることが失われる体験が綴られていく」というのは、壮絶なものだ。それは恐らく文筆家によって書籍としてまとめられているだろう、有名人によって記者会見として語られていただろう。しかし、ウェブの中で一般的に発信されていくというプロセスを経ると、内容が同じであってもそれが人生に与えるインパクトは異なってくる。文筆家や有名人はどこか僕らとの間に隔たりを持っている、しかし、これから僕らが直面しなければならないのは、“まったく自分と同じ人間”による死へのプロセスだ。

ソーシャルメディアはこれからも情報拡散能力を高めていくだろう。現在進行形で、目の前で、自分とWebという糸で繋がった先で人が衰えて死んでいく。編集された、外に出せる形になったものでなく、死が僕らの生活に再び足を踏み入れてくる。

これからは必要になるのは、科学か、信仰心か、はたまた政治だろうか?果たして僕らにその覚悟はできているのだろうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加