類人猿分類によるマネジメント

「類人猿分類公式マニュアル2.0 人間関係に必要な知恵はすべて類人猿に学んだ」を読みました。これは、ガイアの夜明けで紹介されていた広島のスーパー「エブリィ」が取り入れている、人事マネジメントプログラムです。

 

 

基本的には、①感情の表出をする・しない、②目的の追求を目指す・安定を目指すの2つのマトリックスを使って、ボノボ、オランウータン、ゴリラ、チンパンジーに人をタイプ分けします。そして、それぞれの行動傾向や考え方に沿って、配置をしたり、声掛けを行う、自分のタイプを自覚して研鑽をつむという内容です。

感情表出する 感情表出しない
目標達成 チンパンジー オランウータン
安定 ボノボ ゴリラ

本の中にも出てきますが、この分類が科学的に“合っているかどうか”ってのは、あまり問題じゃないんだと思います。むしろ、この“システムが良くできてるなあ”という感想を持ちました。

人にあわせて褒める

よくあるテキストは、「○○という言い方でほめる」など通り一遍のほめ方になるリスクがありました。けれど、本書の方法は、「相手がどんなタイプかをみる」→「あるほめ方を試す」→「反応をみる」というプロセスを行うことによって①褒めスキルバリエーションが増える、②相手を観察する行動が増える、③褒めスキルの使い分けができる、という“臨機応変なほめ方”につながります。分類が当たっているか否かにかかわらず、後者のほめ方は褒められる方からしても飽きのきにくいものでしょう。

「4つ」の分類

また、分類のパターンが4つというのも考えられています。これが10も20もあると、いくら詳しくても多すぎて活用できない。自分のタイプを決めると、それ以外の人とで必ず1対3の構図で社会が計算されるシステムです。そうすると、自分 v.s. 自分以外の対立構造ではなくって、自分も社会の構成要素の一つとして位置づけることができます。どちらが少数か多数か、正しいか間違っているかといった対立軸を脱却して、「相手はボノボだからこういうことを考えているんじゃないか?」てなタイプに分かれた想像力を刺激するのは良いところです。

それぞれのほめ方

備忘録的に残しておきます。

オランウータン:一匹狼、オタク的、納得が大事

  • この仕事は○さんに任せたので、自分のカラーを出してください
  • これまで思いもつかなった案だけど、○さんの分析を聞くと確かに納得できる
  • データを分析して理由を調べてください
  • ○さんの視点で改善案を出してください
  • 具体的にどういう所を工夫したの
  • センスが素晴らしい

ゴリラ:地味、イレギュラーに弱い、安定志向

  • この職場は全員の意識が高いですね
  • あなたの仕事が店全体の売り上げに貢献しているよ
  • スタッフがみなレベルアップしている。○さんがみんなを指導してくれた努力が実を結びましたね。
  • ○さんの気遣い助かったよ
  • ○さんが陰で動いてくれているから皆スムーズに働けているんだよ

チンパンジー:勝ち負け重視

  • ○さんだから頼んだんだ
  • 君の右に出るものはいない。No. 1だね
  • ○さんやっぱり力があるな、すごいな
  • 君のおかげだ

ボノボ

  • そのままのあなたで大丈夫
  • ○さんと仕事ができてうれしいよ
  • しっかり休んでる?無理をしていないか心配だよ
  • 私も協力するから一緒に頑張ろうね
  • ○さんがきてくれてからチームが明るくなったよ。
  • 皆が楽しそうに仕事をしてるのを見るのがうれしいよ。

などなど、自分なりに使えそうなものを抜粋。個人的にはタイプ別の成熟の話はややこしくって、そこではない上記のキモが大切だったと思ったので読み飛ばしました。同僚や友人など、「Aさんはボノボだな」、「Bさんチンパンジーっぽいし、こんどこんな声掛けしてみよう」と想像しながら読むと楽しめそうな一冊です。

 

参考URL

【診断】3秒でわかる!類人猿分類法で性格診断やってみた!(仕事・対人関係) – 轟け!サブカル女子 【診断】3秒でわかる!類人猿分類法で性格診断やってみた!(仕事・対人関係) - 轟け!サブカル女子

このエントリーをはてなブックマークに追加