Officeに登録されている作成者の個人情報を保護する方法

ワードやエクセル、パワーポイントなどのOffice系ファイルには、作成者の個人情報が記載されていることをご存知ですか?

他人が作成したOfficeファイルのプロパティを確認すると、作成者の氏名(パソコンに登録しているもの)や更新者の氏名、会社名などがそのまま載っていることがあります。最初からOfficeがその仕様というのが怖いですね。

私も、このブログでテンプレートを提供しているため、このような情報が記載されないようにしていました。私の方法は、自分のPCのゲストアカウントでファイルを作成するというものでした。

ところがです。Windows 10からは基本的にGuestアカウントが作成されない仕様となってしまいました。そこで、個人情報保護の方法について調べてみました。

すると意外と簡単に設定できることが分かりました。

ドキュメントを検査して非表示のデータと個人情報を削除する – Office のサポート ドキュメントを検査して非表示のデータと個人情報を削除する - Office のサポート

Excelの作成者欄を変更または削除したい!個人情報を守る。 – ソレイイネ♪ Excelの作成者欄を変更または削除したい!個人情報を守る。 – ソレイイネ♪

Word2010:個人情報(作成者、最終更新者など)を削除するには -教えて!HELPDESK Word2010:個人情報(作成者、最終更新者など)を削除するには -教えて!HELPDESK

ブログでテンプレートを公開される方、ファイルを共有される方、メールに添付される方などは、ぜひ参考にしてみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加