2016年買ってよかった物リスト

今年も残りわずかとなりました。そこで、2016年に買ってよかった物リストをまとめておきます。

死すべき定め



今年のベストは、間違いなくこの「死すべき定め」です。インド系アメリカ人、ハーバード大学病院で勤務する医師であり、ドキュメンタリーライターの著者がアメリカの高齢者医療・終末期医療と自分の周囲の人や家族の死を迎える過程を経て、現代社会でどのように衰えと死と向き合っていけばよいかを提案していきます。私も、家族と厳しい会話をいつかしなければと思うと同時に、その勇気をもらったように感じます。

夏用のメッシュ靴

エントリーにしたこちら → GUメッシュスリッポンシューズの感想 | 凹レンズ ―まとまりのないブログ―よりも、下のアディダスのランニングシューズばかり履いていました(GUのスリッポンは会社の置き靴に)。



メッシュが涼しいのはもちろんですが、軽さと良質なクッションがとてもよかったです。急な長距離移動などもこの靴でふらりと出かけたんですが、不思議なほど疲れませんでした。私は上のカラーではなく、紺に黒いラインのものでソコソコ会社でも履けるデザインでした。普段の履きをランニングシューズにすると、劇的に日常生活が楽になります。

ボタン式USBハブ




USB式のペンタブを使う時だけアクティブにしたかったので購入しました。使い勝手は非常によく、重宝しています。

昭和元禄 落語心中

ここ数年では間違いなく私の中の漫画のトップです。




人間はまぬけで美しい。堂々の完結でした。

入門者のExcel VBA

もう一冊、書籍です。




去年から、マクロを独学でポツポツ触ってきましたが、理解できたという実感が持てませんでした。しかし、この本は本当に分かりやすくVBAについて体験学習させてくれます。時間があれば、1日でワークもやり終えることができるので、VBA、マクロを使いたいという人は、ぜひ手に取ってみてください。

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ



さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ | Matogrosso さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ | Matogrosso

上の試し読みがかなり話題になったので、覚えている人も多いのではないでしょうか?ここまで自分の内面の、つかみにくい部分、「あいまいで でも決して満たされない部分」を表現できた執念に脱帽。読後は、人生をぶつけられたみたいで圧倒された感覚が残った。

来年買いたいモノ

・・・追記予定・・・

まとめ

全般的に、書籍ばっかりのレビューになってしまいました。けれど、今年は本当に良い本に巡り合えた一年だったと思います。残された時間の中でも、良い商品があれば追加していきます!

関連エントリー

このエントリーをはてなブックマークに追加