To Do 管理マクロを組んで、To Doをこなす量が増えるか?

目 的

To Doを管理するエクセルファイルでマクロを組んだ。その効果を2016年末と現在のこなしたTo Doの数を比較することで検討する。

標的行動

こなしたTo Do の数
BL期間:なし
統制期間:2016/11/26 ~ 12/26
介入期間:2017/3/20 ~ 4/20

仮 説

タスク管理をデジタル化・グラフ化したことで以前よりこなすタスクの量が増えている。

介入手続き

  • エクセルファイル&マクロ作成
    • タスクのデジタル管理
    • 〆切と達成の視覚化

結 果

こなしたタスク数は
年末年始期間:63
マクロ導入後:39
年末年始の方がタスクをこなしていた

考 察

自分の感覚としては、最近の方が数が多い実感があった。
感覚とデータは異なる。時期的な要因は排除できていない。
単純に年末にこなさなければならないTo Doが多かった可能性は否定できない。

その他

時期的要因排除のためには同時期記録が必要
その意味では、データが蓄積されていく仕組みを作れたことは大きい

このエントリーをはてなブックマークに追加