メジャーリーガーの野球に対する純粋さ

「伊集院とらじおと」について高橋尚成と上原浩治がメジャーリーグのポジティブな側面について興味深いことを語っていたのでまとめておきます。

高橋尚成の場合

みんな野球を楽しんでますし、雰囲気もほんと全然違いますし。日本の野球が悪いって言うわけじゃないけど、アメリカの野球の方が1歩も2歩も先を行っているなって感じでしたね。

『具体的にはアメリカの野球が先に来るのは何なんでしょう?』

プレイのやることへの追及だったり、そこに楽しさを求めてたり。いろんな国の人が来るので、野球の楽しさってこういう所だよねっていうのを、純粋に少年野球をやってるような人がやっている感じ。データの処理だったり。

『そういうところは日本人の得意なところだと思うんだけど、やっぱり上いってる。何が違うんですか』

一球投げるじゃないですか?ベンチの裏にビデオルームって所があって、1イニングごと、クリック一つですぐにさっきのボールが何だったか、見れるんですよ。だからバッターもピッチャーもイニングが終わった後にクリック一つで反省ができるんですよ。あ~こんな風に打てたんだとか。特に、メジャーでやっている人なんて天才じゃないですか?だから反応で打てちゃったりするんですよ。それで、今の球どうやって打てたんだろう?ピッチャーもストライク・ボール、打った・打たれないもそうですし、ここでこういう球を投げたけど、バッターはどんなふうに反応してたのかな?このフォームでどんな動きをしたのかな?っていう全てが見れるような。

『今聞いててラジオを聴いている人に誤解を与えたくないのは、テレビとラジオの仕事にどうやって取り組んでますか?(と聞かれて)テレビは仕事、ラジオは遊び。だけど、一番努力も時間もかけるのはラジオなんです。その感じかな?って。…上手くなりたいって純粋じゃないですか。これは仕事だから上手くなりたいじゃなくて、単純に上手くなりたいっていう感じ。メジャーリーグは楽しい感じなのかな?』

僕もよく「遊び心がないとダメだよね」って言ってたんですけど。遊び心が思いっきりあるのがアメリカですね。

『そこの遊びの延長の負けたくないは、本当の負けたくないですよね』

 

上原浩治の場合

新井アナ『上原さんは本当に明るくて。アメリカのスポーツの環境として守られている所なんですか』

縛られてないっていう所が。アメリカの方が自由というイメージがありましたし。経験してもみんな楽しんでいるんですよね。野球を。そういう環境でやってるから自分もこういう雰囲気になっているんですかね?

 

仕事を純粋に楽しめたら

と思います。2人のインタビューを聞いて、こんな風に仕事を楽しもうと思いました。自分の生業をしっかり楽しんで、思いっきり没頭して、それをすることが楽しくてしょうがない、ライバルたちと切磋琢磨しながら進んでいけたら、きっと見える世界が違っているんだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加