くだらない生活を続けているのは、舐めてるからだ

失敗の科学を読み進めている。これは、間違いなくスゴ本だ。

今は、途中だけれど少し気になる部分があったので引用する。

我々は世界を「単純化」しすぎる

今、あなたの頭の中にはこんな疑問が浮かんでいるかもしれない。

「アイデアや仮説が正しいかどうか早い段階で試すなんて当たり前の話しだ。それすらやっていないビジネスリーダーや政治家がいるなんて、どういうことなんだ?」

実は、「正しいかどうか試してみる」を実行に移すには大きな障壁がある。実は我々は知らないうちに、世の中を過度に単純化していることが多い。ついつい「どうせ答えはもうわかっているんだから、わざわざ試す必要もないだろう」と考えてしまうのだ。

・・・

もし我々が勝手な理屈で「世の中は単純だ」と思い込んでいれば、試行錯誤の必要は感じない。その結果、ボトムアップ式を怠りトップダウン式で物事を判断してしまう。自分の直感やすでに持っている知識だけを信じ、問題を直視せず、都合のいい後解釈で自己満足に陥り、その事実に気づかない。本当なら自分のアイデアや仮説をテストし、欠点を見つめ、学んでいかなければならないのに、その機会を失ってしまうのだ。

これは、僕にとってはとても身につまされる話だ。

家での夜の過ごし方が以前からもったいないと思っていた。家事に追われ、自分の勉強や仕事に時間を割けない。この状況を改善しなければいけないと思い、寝落ちしないように歯磨きを必ず早くしよう、そうして、眠気の波がきてもそれをかわして24時には余裕を持って寝よう。そうすれば充実した日々を送れる。

こう考えることはある。それでも、このアイデアを実行して、より良い生活を手に入れることが、何年も何年も続いていた。これは結局のところ、自分が「プライベートな時間の過ごし方」なんて、頑張ればどうにでもなると、無自覚に世の中を過度に単純化していたんだろう。

生活は大事だ。なんせ、これからも数えきれないほど繰り返すのだから。でも、「素晴らしい家での過ごし方を身につけるためには、まず酷い過ごし方をたくさんやってみよう」と自分とかたら余裕があったらよかったのかもしれない。家の生活でも「リーン・スタートアップ」だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加