Office ソフトで知りたい機能は英語で検索するとすぐに分かる

パワーポイントで、スライドショー実行中にスライドを編集する方法を知りたかったのですが、うまく検索できませんでした(正しい方法を知った後は、日本語も存在していることも分かったのですが)。こんな時に有効なのが知りたいことを英語で検索するという方法。OfficeやR、プログラミング言語など、世界中で使用されているツールであれば何処かの変態様が、天才的な使い方を発見して丁寧に解説してくれています。

英語で検索

とりあえず検索ワードは「edit slide during presentation」。
検索結果の一番上のページに欲しかった情報がありました。

In PowerPoint 2013, it is really very simple:

  1. In Presenter View, click on Show Taskbar (upper left corner)
  2. When taskbar opens at bottom of screen, click on PowerPoint tab,
  3. In three views that are shown (Editor, Presenter and SlideShow), click on the Editor view.
  4. If you want audience to see your changes as you make them, have same slide showing in all 3 views.
  5. If you don’t want audience to see changes until you are done, click the Black screen icon in Presenter View (Monitor with diagonal line across), before you start your change, OR change to a different slide in Presenter view.
  6. Slideshow will show your changed slide on the big screen, when you go to it.
    Happy PowerPointing!
    How to update a PowerPoint slide while presenting – Super User How to update a PowerPoint slide while presenting - Super User

大まかに訳すと

  1. 発表者ビューを表示する
  2. タスクバーを表示するをクリックし、タスクバーのPowerPointタブをクリック
  3. 3つのビューがあるので、編集ビューをクリック
  4. 変更を聴衆に見せたい場合には、3つのスライドの全てで同一スライドを表示させておく。
  5. 変更が完了するまで聴衆に変更を見せないようにするには、変更できるまで発表者ビューのブラックスクリーンアイコンをクリックしておくか、発表者ビューで別のスライドを見せておく。
  6. そのスライドに移動すると変更が反映されている。

という感じ。

 

それが、分かってから日本語で調べると、いくつか別の方法も紹介されていた。

 

私独自の方法

以上を加味して自分で考えた方法を紹介。

「スライドショーの実行」 ⇒ 編集したいスライド ⇒ [Alt] + [Tab] ⇒ 「編集ビュー」の選択

というショートカットキーを使った方法が一番手軽かな?と思いました。果たして、きちんと表示され続けられるかは分からないけれど。

ノートパソコン環境をワイヤレスキーボードとアクリル板で変える

職場のノートパソコン環境の改善を検討中

問題点

  • 姿勢を良くしたいと思うが、ノートパソコンを使うという環境をそのままにしておくとそれが難しい。
  • 姿勢が前景になり、猫背、ストレートネックになる。肩がこる。
  • 職場がデスクトップPCを買ってくれれば問題ないが、そうもいかない。
  • イスが若干高く、膝が腰よりも低い位置になってしまう

方針

  • ワイヤレスキーボードとマウスを購入する
  • 雑誌などを使って足置きをつくる
  • ノートPCキーボードの上にはアクリル板を載せて資料が置けるようにし、スペースを有効活用する。

イメージ(引用上海問屋;以下の商品は売り切れ)

課題

  • A4アクリル板を削る技術が欲しい
  • ノートパソコンの大きさを正確に計測
  • アクリル板をホームセンターで探す
  • 加工してもらえないか聞いてみる。

商品

購入済み

購入検討中

WordPressから、はてなブログProへの引っ越しの検討

さんざん悪態をついて、はてなダイアリーからWordPressに出てきたものの、はてなブログサービスへの出戻りを検討している。

とりあえず、ロリポップの契約満了期限が2017/12/09なので、そこまでに答えは出そう。

(ちなみにムームードメインは2017/11/30なので、合わせるのもありだ。)

方針

  • WordPressやプラグインの更新が面倒

課題

  • はてなブログProでは、固定ページのようなものを作れるだろうか?
  • Amazonアソシエイトの手続きが煩雑か否か?

VBAの変数名と定数名

VBAで変数を利用しようとしても、どんな名前が適切なのか分からないと迷ってしまうので覚書。

変数名の例 説 明
tmp, temp Temporay (一時的な)。一時的な値をあつかう変数。
num, n Number (数値)。数値をあつかう変数。
str String (文字列)。文字列をあつかう変数。
buf Buffer (緩衝装置)。一時的な値を保管するための変数。
i, j くり返し処理と組み合わせて使う変数。ループカウンタ用の変数の定番。
cnt Counter (カウンター)。件数を数えるときの変数。
msg Message(メッセージ)。文字列を格納する変数。
flag flag (旗)。On (yes) / Off (no) など判定を格納する変数。
arr Array (配列)。配列をあつかう変数。
bk Workbook オブジェクト
sh Worksheet オブジェクト
foo, bar, hoge 適当なサンプルとしての名前。
○○Rng Rangeオブジェクトをあつかう場合
○○Sht Sheetオブジェクトをあつかう場合
my○○ 適当なサンプルとしての名前。
○○List 配列をあつかう場合。

参考

Office TANAKA – VBAの変数[変数の名前について] Office TANAKA - VBAの変数[変数の名前について]

変数関係 – VBレスキュー(花ちゃん) Visual Basic,VS6.0,VB6.0,サンプル,Tips 変数関係 - VBレスキュー(花ちゃん) Visual Basic,VS6.0,VB6.0,サンプル,Tips



スキルの習得にストーリーを加えるということ

『Excel VBA の神様』を読みました。VBAに関する内容どうこうよりも、技術の習得を目的とした書籍の中で紡がれるストーリーの役割について考えさせられました。



単に情報量を多くするだけなら、文章や表の方が密度が高い、枠組みや関係性を示したいならグラフでこと足りる。この書籍の中でストーリーやキャラクターが果たしている役割とは何だろうか?

これは、演劇を見ながら登場人物の人となりやストーリー、テーマを知っていく様に似ている。役者のダイアローグを聞きながら、その舞台、背景、それぞれの事情を類推していく。これは、余白を埋める行為であるし、自分が余白を埋めるために歩いた距離が、本当の意味で血肉になるということなんだろう。

登場人物の感情が動き、その感情に共鳴し、その場にある面白味のある知識とはいったい何なのかを咀嚼していく。一人黙々と学習したり知識を押し付けられるよりも、自分の心が動き、知識を追い求めていくので、理解が自分の知識構造に馴染みやすかったのだろう。

内容的メモ

以下は、VBAに関するメモです。

キーワードは小文字で入力しても大文字に変換される。そのため、小文字で入力し、大文字に変換されるかどうかで、記述があっているかを確認することができる。

キーワードを途中まで入力し、 [Ctrl] + [スペース] で候補を表示。

文字列は絶対に () で囲んではいけない。

オブジェクトの「.」は、助詞『の』の代わり。動詞は「メソッド」。

名詞(オブジェクト)を「の」の代わりに「.」でつなぎながら、最後に動詞(メソッド)で締めくくって文章を完結する。その文章が「ステートメント」で、ステートメントが集まれば「マクロ」になる。p101

動詞には『対象物』とか、『どのように』という補足情報が必要なケースがある。その補足情報を引数(ひきすう)という。メソッドと引数の間には『半角スペース』を空ける(文言やや変更)

名前を入れたり、色を変えたりすることを「オブジェクトのプロパティを書き換える」と表現する

プロパティの取得:変数 = オブジェクト.プロパティ

ワークシート関数のToday = VBA関数のDate。

& は文字連結演算子。半角スペースを前後に入れる。

VBAの基本構文の三つ、『メソッドの使い方』『プロパティの取得』『プロパティの設定』

変数を定義する

Dim x As Long
x = hoge

という形で変数を定義する。以下、調べた略称の意味。
Dim: Dimension. Long: 長整数型(変数の型)